腱鞘炎、ばね指の固定紹介

日常生活でのスマートフォン操作や仕事での指の使い過ぎで腱鞘炎やばね指の方が多いと思われます。

病院では、痛み止め、注射、ひどくなると手術も行います。

私達柔整師は、薬や注射、手術を行う事が出来ません。

そこで、私達に出来る事して、固定を行う方法を行います。

なぜかと言うと

 

指の使い過ぎによりる炎症が原因だと考えるからです。

状態によりますが、包帯・テーピング、ギプス固定も行うこともあります。

これまで当院で行った固定を紹介いたします。

 

使い過ぎ、動かし過ぎを減らし、炎症を抑え、腱や腱鞘などが修復する環境を作る事が大事です。

夜だけでも固定していただくだけでも2~3週間で痛みが軽減してきます。

個人差はありますが固定するが重要ですぐできる施術の1つです。

 

ばね指について詳しくはこちら

ばね指

この記事に関する関連記事

来風接骨・整体院

〒315-0038茨城県石岡市旭台3丁目-15-6